西部開拓時代に頻繁に行われていたこれらの行為は、当時の荒々しさを物語っている

床屋、鍛冶屋、それとも歯医者?

2017年、アメリカの雑誌『True West』は、歯学の歴史を重視してきたイギリスの歴史家、ジョアンナ・バーク教授の言葉を引用しました。彼女は、「耐え難い歯痛、恐ろしい抜歯、野蛮な道具は、私たちの歯科の過去に大きな影を落としています」と語りました。現代ですら、歯医者が好きという人はあまりいません。麻酔が切れてしまえば痛いものには変わりないですが、西部開拓時代にはもちろん麻酔も、性能の良い道具もありませんでした。全てが力ずくの歯の治療なんて、虫歯の痛みに耐える方がマシとすら感じてしまいます。

Advertisements
Advertisements

西部開拓時代に使われていた方法は、ジョアンナ・バーク教授による悪評を払拭するものではありませんでした。実際、当時はまともな歯医者なんてものはなく、どうしても歯の治療が必要な場合、床屋や鍛冶屋に行かなければなりませんでした。現代の歯医者が使うような専用の器具もありませんので、あるもので対応していました。聞くだけで口から血が流れてる錯覚をしてしまうくらい恐ろしい話ですが、残念ながら、中には顎の脱臼や骨折をさせてしまうような不器用な人もいました。歯磨きもまともにできない上に、いざ歯医者が必要となってもこの現状ですから、陶磁の人々は本当に歯なしで生きていくしかなかったのではないでしょうか。

Advertisements
Advertisements

About us at Soolide.com

Soolide.com is a leading digital entertainment platform seeking to provide you with captivating and engaging content. Whether you are a fan of heartwarming stories or simply a curious reader interested in the latest trends, you will be left satisfied.
Soolide.com covers many subjects and includes some of your favorite categories (such as people, travel, health and pets) across 9+ languages. Follow us on social media and stay tuned for the latest trending topics.
Shoot out to you; our lovely readers: Make sure to connect with us if you would like to write for us or submit stories. Our content team is always on the lookout for more engaging contents people loves.