客室乗務員がトイレで発見した驚愕のメモで、乗客が危険にさらされていることに気づく

飛行機に乗った乗客が体調を崩すことはよくあることです。事実、アメリカ人の6.5%が飛行機恐怖症に悩んでいると言われています。認める人は少ないでしょうが、多くの人が飛行機に乗ることを恐れています。

Advertisements
Advertisements

米国国立精神衛生研究所によると、それよりもさらに多くの人が少なくとも飛行機に乗ることに嫌悪感を抱いているといいます。確かに、多くの経験は人の不安を増大させるものです。初めて飛行機に乗るときは、いつもとても複雑な気持ちになりますが、時間が経つにつれて良くなっていくものです。飛行機の高度や離陸には慣れてきますが、恐怖感はずっと残ります。

Advertisements
Advertisements