客室乗務員がトイレで発見した驚愕のメモで、乗客が危険にさらされていることに気づく

ボストン大学のパニック障害・特定恐怖症集中治療プログラムの責任者であるトッド・ファーチョーネ氏は、飛行中の不安を説明することができます。

Advertisements
Advertisements

彼は2018年のタイム誌で次のように語っています。「多くの場合、(人々が)状況をコントロールできていないことと関係しています。扉が閉まり、中に入ってしまう。そこで身動きが取れなくなってしまう。それが一番怖いという人も多いと思います。そこで、飛行機のコックピットのように、窓のようなビデオスクリーンがあり、地上やさまざまな空港が映し出されています。振動したり、跳ねたり、離陸したり着陸したり、さまざまな種類の気象条件を表示します」

Advertisements
Advertisements