自宅内にミツバチが蔓延していると考えた男性は、はるかに深刻な問題に遭遇した

奇妙な説明

容疑者は、自分に酸をこぼしたと発言しました。これを受けた当初の警察は、この発言は真実であるのかどうか、見分けることはできませんでした。しかしその後、家の外で、捜査官はランダムな衣服の山と、塩酸のボトルを発見しました。

Advertisements
Advertisements

ポールは最終的に、自分の元に迫っていた恐ろしい恐怖から逃れる事に成功し、全ての状況が終わったと信じて、近くの行きつけのバーを訪れると、体が必要としているドリンクを手に入れました。それから彼は、バーテンダーといつものおしゃべりを始め、彼が今しがた体験した、末恐ろしい試練について彼に話し始めました。するとバーテンダーは、ポールが想像もしていなかった、あるいくつかの恐ろしい情報を明らかにしたのです。

Advertisements
Advertisements