自宅内にミツバチが蔓延していると考えた男性は、はるかに深刻な問題に遭遇した

.38スペシャル

アメリカのこの地域における法律は、人々が護身の手段として、銃器などの武器を所有することを許可しています。この保護システムは、レニーにとっても非常に有用であり、また自宅への泥棒を阻止する上でも、効果的な法律でした。

Advertisements
Advertisements

また、万が一の場合に備えて、レニーは追加の防衛線、つまり.38スペシャル弾も保持していました。この強力なリボルバーは、銃規制の下でも購入可能であり、彼女は常にベッドサイドに置いておくようにしました。このように、危険とされている地域においても、可能な限りの安心感を得るためには、このよう護身用の武器を所持するしかなかったのです。レニーは、これらの銃器を正しく使用するためのレッスンも受けていました。そして、誰かが彼女の家に侵入し、彼女を攻撃しようとした場合、このレッスンで得た実技力を実践することを惜しみませんでした。

Advertisements
Advertisements