自宅内にミツバチが蔓延していると考えた男性は、はるかに深刻な問題に遭遇した

8月の金曜日の夜

家の防犯対策を完璧に整え、かつ護身用の銃を手元においた状態で、8月30日金曜日の夜、レニーはベッドの上で体を丸くしているとき、ここは安全であると感じました。しかし残念ながら、彼女のこの感覚は、長続きするものではありませんでした。

Advertisements
Advertisements

その夜の午後9時ごろ、レニーがベッドに横になっていた時、家の外を誰かが歩いている足音を耳にしました。しかし、防犯用のモーションライトは点灯していなかったため、おそらくその騒音は風によるものだと思いました。ライトが点灯しない場合、そこには誰もいないことになります。そして彼女は、何か物音を聞くたびに、いちいち外の様子をチェックするのに時間を取られたくはありませんでした、結局のところ、それは金曜の夜だったのです。その日の彼女は、いつもなら常に抱えている注意を払っていませんでした。

Advertisements
Advertisements