自宅内にミツバチが蔓延していると考えた男性は、はるかに深刻な問題に遭遇した

ドアをノックする音

しかし、しばらくして、レニーは再び物音を耳にしました。そして、今度はそれは正面玄関から発生していました。うとうとしていたレニーの感覚は、一気に目覚め始めました。それから、ドアの鍵が開くカチッという音が静寂の廊下に響き渡り、それからゆっくりとドアが開く音が続きました。

Advertisements
Advertisements

最初レニーは、その展開を信じられませんでした。そして、これらはすべて彼女の想像力の産物であるという、一種の希望のようなものに固執していました。しかし、やがて開けられた玄関のドアが閉まり、家の一階から足音が響き渡り始めると、彼女が抱いていた最悪の恐怖が現実のものになり始めました。そう、誰かが家の中に侵入していたのです。これまでに彼女がとってきた、すべての防犯策にもかかわらず、いとも簡単に誰かが彼女の家の中に入っていました。レニーは、一体どの様な行動を取れば良いのかわからず、ただベッドで凍りついていました。

Advertisements
Advertisements