自宅内にミツバチが蔓延していると考えた男性は、はるかに深刻な問題に遭遇した

安全なはずの2階

感覚が麻痺していたレニーは、何者かが家の下の階を歩く音を聞いていました。「恐らく、彼らは二階には来ないだろう」と、彼女は階段で足がきしむ音を聞くまで、自分自身に言ってきかせていました。

Advertisements
Advertisements

しかし、この侵入者は2階への階段に気づき、やがてゆっくりとその階段を上りはじめました。やがてこの人物はそのペースを速め、その様子を察知したレニーは、ますますパニックに陥りました。なんとか冷静さを保ちながら、部屋の引き出しにゆっくりと忍び寄り、そこにしまっていた喫煙銃を引き抜きました。

そして、謎の足音が彼女の部屋の近くまで届くと、レニーはゆっくりとベッドから這い出て、ドアの近くへと向かい、そして銃を構えました。バン!弾丸は、一瞬にして侵入者の右腕を引き裂き、彼はまっすぐに地面へと倒れました。

Advertisements
Advertisements