自宅内にミツバチが蔓延していると考えた男性は、はるかに深刻な問題に遭遇した

不安の高まり

楽観的なボブに対し、彼とリンダとの間の息子、アダムは本当に心配していました。彼の両親は、自宅の頭上から聞こえるざわめきを、ただ静かに無視し続けていましたが、アダム自身は、ただ黙ってそれを受け入れ続けることができない地点にまで達していました。特に、彼の部屋は屋根裏部屋の真下にあったのです。

Advertisements
Advertisements

アダムは、止むことのない自分の想像に正直少しうんざりしていて、今こそこの問題に真正面から向き合う時だと感じていました。彼は自分を頻繁に不安の渦へと導いた、これらの繰り返し聞こえおる騒音について、徹底的に調査しようとしていました。そして彼は、この調査をすべて自分の手で行いたいと考えており、誰かを雇おうとは考えていませんでした。そして彼は、思い切って屋根裏部屋へと身を投じたのです。そこには、全く光のない空間が広がっていました。

Advertisements
Advertisements