自宅内にミツバチが蔓延していると考えた男性は、はるかに深刻な問題に遭遇した

暗闇の中で這っていた何か

ある日、自宅の洗濯室にいたアダムは、ふと天井を見上げると、その古いスラットを通して、何か得体のしれないものが動いている様子を目撃しました。彼はこの恐ろしい侵入者を垣間見た瞬間、突然ショックを受けました。

Advertisements
Advertisements

アダムは明らかに、このタイプの侵入者について期待していませんでした。彼は何かが屋根裏部屋で這っている様子を見たのです。そして幸いなことに、この動物は彼から遠く離れていたため、彼はこの生き物に直面する必要はありませんでした。その時彼は、ランプを手にしていただだけであり、そんな状況下は彼をさらに恐怖に陥れました。このような生き物は、そこにいるはずではなかったのです。彼は、本当にそれ以外のものを期待していました。またアダムは、その生き物は明らかにネズミはなかったことも説明しました。

Advertisements
Advertisements