プライド月間について理解しておくべきこと

6月に行われるプライド月間は、1ヶ月間、LGBTQ+コミュニティにスポットライトを当てることを目的としています。LGBTQの文化を祝うとともに、LGBTQ+の権利をサポートすることの重要性を再認識する場でもあります。6月には、世界中で伝統的にパレードや抗議活動、トランスフォーマティブ・アーティストによるパフォーマンス、演劇の上演、HIV/AIDSや差別によって命を落としたコミュニティのメンバーの追悼や祝賀が行われます。これは、政治的な活動であると同時に、LGBTQ+コミュニティが長年にわたって達成してきたことや、LGBTQ+コミュニティが象徴するものすべてを祝うものでもあります。

なぜ6月にプライドを祝うの?

プライドが6月に開催されるのは、主に、ゲイの解放運動のきっかけとなったストーンウォール蜂起に合わせて行われています。

Advertisements
Advertisements

1969年6月28日の早朝、ニューヨークのウエスト・ビレッジにある人気のゲイ・バー「ストーンウォール・イン」に警察が踏み込んだ。しかし、その夜、バーの常連客が反撃に出て、何日も続いたストーンウォール暴動が起こりました。ストーンウォール・インは、2015年にニューヨーク市によって歴史的建造物に指定されました。その後、2016年にバラク・オバマ大統領によってストーンウォール・インは国定記念物に指定されました。

ビル・クリントンは、1999年と2000年にプライド月間を公式に認めた最初のアメリカ大統領でした。その後、2009年から2016年まで、バラク・オバマは6月をLGBTQ+プライド月間と宣言しました。2019年5月には、ドナルド・トランプ氏が、同性愛を非犯罪化するための世界的なキャンペーンを政権が開始したことを発表するツイートでプライド月間を認定しましたが、批評家は「行動は言葉よりも大きい」と指摘しています。

プライド月間を支えた主な人たちは?

予想されるように、プライドのような重要な祭典は、興味深い特別な人々によって推進されました。

多くの著名人も疑われているが、ストーンウォール・インで最初のパンチを放ったのはマーシャ・P・ジョンソンだと言われている。彼女は、暴動当時、25歳の誕生日を迎えた黒人のトランスジェンダー女性で、ゲイコミュニティの中で力を発揮していました。1992年、警察がハドソン川で彼女の遺体を発見し、わずか46歳で亡くなりました。当初は自殺とされましたが、友人や家族は自殺ではないと主張していました。

シルビア・リベラは、自称ドラァグクイーンの活動家で、ストーンウォールの暴動でも活躍しました。彼女は、マーシャ・P・ジョンソンとともにトランスジェンダーの権利を主張しました。彼らは、LGBTQ+コミュニティの若者の住居探しを支援するS.T.A.R.(Street Transvestite Action Revolutionaries)を結成しました。また、2002年に亡くなるまで、トランスジェンダーの権利を主張し続けました。

同性愛者の権利を守る活動家であり、ストーンウォールが襲撃されたときにも参加していたトランスフォーマティブ・アーティストのストーメ・デラヴェリーもその一人です。彼女の友人であるリサ・カニストラチは、2014年に彼女が亡くなったとき、「ニューヨーク・タイムズ」紙にこう語っています。「誰が最初のパンチを放ったのか誰も知らないが、噂では彼女だと言われている。彼女は自分がやったと言っていた」と語っています。

プライド月間の重要な伝統

プライド月間は、誰もが自分らしさを受け入れ、それをスタイリッシュに世界に知らしめる期間です!

虹は、この月に行われるカラフルな活動や雰囲気を象徴しています。大規模な集会、パレード、パーティー、ワークショップ、コンサート、その他数え切れないほどのLGBTQ+イベントが開催され、世界中から参加者が集まります。LGBTQ+コミュニティのメンバーは、自分たちの活動に大きな誇りを持ち、世界に向けて輝くために、手の込んだ衣装やメイク、そしてもちろんキラキラしたアクセサリーを身につけて、お祭りのために全力を尽くします。もちろん、憎悪犯罪やHIV/AIDSで命を落としたコミュニティのメンバーの追悼も行われます。キャンペーンや集会は、レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、クィアのコミュニティの歴史と幸福を促進し、保存することを目的としています。

Advertisements
Advertisements