トマトの育て方とガーデニングを上手くするヒント

5.支柱を使う

適切な支柱は、トマトの木を支えます。支柱は、トマトの茎が果実の重さの下で、または風によって倒れるのを防ぎます。

Advertisements
Advertisements

支柱にはさまざまなタイプがありますが、ケージタイプの支柱を選択することが最善の解決策のようです。ケージはトマトをすっぽりと収容し、すべての支柱と同様に、風からトマトを保護しながらトマトが成長するのを助けます。ケージの材質の選択に関しては、プラスチックではなく金属構造をお勧めします。銅製のケージは、素晴らしい選択肢になるでしょう。また、根を傷つけないように、トマトの苗を植える前に、ケージを設置します。成長したトマトの木の場合は、高さ3分の1のケージを固定すれば、木が風によって倒れることはありません。

6.スペースを作る

トマトの木は必要な栄養素を土から得ているため、美味しいトマトを栽培したい場合は、各木の間にスペースを持たせることが必要不可欠です。

トマトの木の間の間隔は非常に重要です。各木の間の距離は60〜90 cmにすることをお勧めします。トマトが量的に成長し、それらの潜在能力を最大限に発揮するためには、より多くのスペースが必要です。また、トマトは適切に日光に当たる必要があるため、各トマトの木に適切な距離をあけることが重要です。もちろん、植木鉢でトマトを栽培している場合は、このアドバイスを真に受ける必要はありません。どちらにせよ、スペースがあれば、トマトの木はよりよく成長する可能性が高くなります。

Advertisements
Advertisements