トマトの育て方とガーデニングを上手くするヒント

11.ニンニクを少し加える

ガーデニングの世界で知られていますが、ニンニクは一般的に昆虫を撃退します。ニンニクは、にんじん、ビート、イチゴ、とりわけトマトとよく合います。

Advertisements
Advertisements

そこで、ハイブリッドガーデンでは、トマトの近くにニンニクの球根を植えて、トマトの味を改善し、害虫を遠ざけることもできます。唯一の欠点は、トマトの木を植え替える時にニンニクの匂いが出ることです。また、3リットルの水の中にニンニク1個を粉砕してトマトに水やりすることもできます。農薬を使う代わりにニンニクを使用すると、トマトと土壌にも良い結果です。さらに、専門家はニンニクをビートルート、レタス、ニンジン、イチゴと組み合わせることを推奨しています。

12.植え替え

時間の経過とともに、土は栄養分を失いますが、それは普通のことです。実際、植物は絶えず栄養を求めています。

そこで、トマトの木を1か所に2年以上置かないことをお勧めします。 2年ごとに、トマトの木の新しい場所を見つけてください。そうしないと、毎年トマトの果実の数が少なくなる可能性があります。直径30 cmを超える植木鉢を選べば、アパートに住んでいる場合でも、植木鉢でトマトを栽培することができます。植え替えを2年ごとにしてください。知識がなければ、植え替えをしなければならないことにも気付かないはずです。とにかく、家庭菜園はとても素晴らしい経験です。

Advertisements
Advertisements