ケイト・ミドルトンが従うべき規則は、王女の生活が決して簡単ではないことを証明する

一般的な考えに反して、ケンブリッジ公爵夫人の人生は、必ずしも華やかなものではありません。ケイト・ミドルトンには、必ず従わなければならない厳格なルールがあります。世間の注目を常に浴び続ける生活も、その例外ではありません。ケイトはウィリアム王子と結婚して以来、エリザベス女王2世の世界で生活するため、原則に設定されたライフスタイルと規則に順応しなければなりませんでした。

ケイト・ミドルトンが従わなければならない厳格なルール

王女が従わなければならない規則のいくつかは、論争がついて回るようなものです。ルールを定めたエリザベス女王は、長い間王室の首長の役目を務めてきました。その中のいくつかは、何十年にも渡って変更されておらず、その結果、現代においてはいくつかの紛争が発生しています。

Advertisements
Advertisements

それらのルールの中には、自分でお金を稼ぐという権利が与えられ、あまた公の場で夫を抱きしめないなどが存在し、これらのケンブリッジ公爵夫人が必ず従わなければならないルールは、膨大な数に上ります。さて、この先の記事を読み進めて、その詳細内容についてチェックしてみてください!この記事を読み終わった後には、あなたはもはや王室のプリンセスやクイーンなどには、絶対になりたくないと思っているかもしれません。

Advertisements
Advertisements