ケイト・ミドルトンが従うべき規則は、王女の生活が決して簡単ではないことを証明する

一般的な考えに反して、ケンブリッジ公爵夫人の人生は、必ずしも華やかなものではありません。ケイト・ミドルトンには、必ず従わなければならない厳格なルールがあります。世間の注目を常に浴び続ける生活も、その例外ではありません。ケイトはウィリアム王子と結婚して以来、エリザベス女王2世の世界で生活するため、原則に設定されたライフスタイルと規則に順応しなければなりませんでした。

ケイト・ミドルトンが従わなければならない厳格なルール

王女が従わなければならない規則のいくつかは、論争がついて回るようなものです。ルールを定めたエリザベス女王は、長い間王室の首長の役目を務めてきました。その中のいくつかは、何十年にも渡って変更されておらず、その結果、現代においてはいくつかの紛争が発生しています。

Advertisements
Advertisements

それらのルールの中には、自分でお金を稼ぐという権利が与えられ、あまた公の場で夫を抱きしめないなどが存在し、これらのケンブリッジ公爵夫人が必ず従わなければならないルールは、膨大な数に上ります。さて、この先の記事を読み進めて、その詳細内容についてチェックしてみてください!この記事を読み終わった後には、あなたはもはや王室のプリンセスやクイーンなどには、絶対になりたくないと思っているかもしれません。

サイン禁止

ケンブリッジ公爵夫人ケイト・ミドルトンは、王室に加わった後で名声を博しました。ただし、彼女はファンにサインをすることはできません。王室の規則によると、彼女はエリザベス女王2世によって以前に承認された公式文書にのみ、署名をすることができます。

このルールが存在する理由は、ファンの誰かが王室の一員に代わって文書を偽造する可能性があり、それを未然に防ぐためです。このため、ファンに対しては、写真の撮影と握手のみが許可されています。もし、悪意のある何者かが、ケイトの直筆サインを手にしたとを想像してみてください。王室は、それが間違った人間の手に渡り、悪用されるような危険を冒したくはないのです。治療よりも、予防が大切なのです。

Advertisements
Advertisements

About us at Soolide.com

Soolide.com is a leading digital entertainment platform seeking to provide you with captivating and engaging content. Whether you are a fan of heartwarming stories or simply a curious reader interested in the latest trends, you will be left satisfied.
Soolide.com covers many subjects and includes some of your favorite categories (such as people, travel, health and pets) across 9+ languages. Follow us on social media and stay tuned for the latest trending topics.
Shoot out to you; our lovely readers: Make sure to connect with us if you would like to write for us or submit stories. Our content team is always on the lookout for more engaging contents people loves.