ケイト・ミドルトンが従うべき規則は、王女の生活が決して簡単ではないことを証明する

最小限の黒い服

王室のメンバーは、日中は黒の服を着ないようにする必要があります。ケイトにとって、黒は喪中と時折夜のイベントでのみ着用する必要がありますが、彼女はそれらを常にスーツケースにいくつか持っているようです。

Advertisements
Advertisements

葬儀の前に、別の国へと旅行する計画のある王室メンバーは、スーツケースに黒い服を一式詰め込む必要があります。

その後、家族の誰かが死亡した場合、適切な服装を着てイギリスの公の場所に登場しなくてはなりません。かつて、エリザベス女王2世の父であるジョージ6世が亡くなったとき、ケイトはアフリカを旅行中でした。そんな彼女がイギリスに帰国したとき、飛行機を降りるときに着るための黒い服を所持していななかったため、この規則が規定されました。

Advertisements
Advertisements