ケイト・ミドルトンが従うべき規則は、王女の生活が決して簡単ではないことを証明する

彼女はプロテスタント聖公会にしかなれません

ケイトは、王室の他のメンバーと同様に、プロテスタントの英国国教会以外の宗教に属することはできません。イギリスの君主は、英国国教会プロテスタント教会の最高責任者でもあるため、王室の誰かが別の宗教を実践していると、それは非常に不便になります。

Advertisements
Advertisements

2011年に公爵夫人は、ウィリアム王子との結婚式の準備の一環として、英国国教会で行われた宗教的な確認式に参加しました。広報担当者は、「キャサリン・ミドルトンは、王室の私邸にて、王室一家とウィリアム王子の面前で、ロンドン市の司教によって確認されました。」と述べ、この式典は3月10日に行われたとも付け加えました。「すでにバプテスマを受けていたミス・ミドルトンは、結婚の準備の一環として、承認されることを受け入れました。」

Advertisements
Advertisements