ケイト・ミドルトンが従うべき規則は、王女の生活が決して簡単ではないことを証明する

人前で泣くのは禁止

エリザベス女王2世は、その治世中に多くの悲劇に直面しなければなりませんでしたが、そのような浮き沈みの激しい人生は、彼女の人格を形成する要因の大きな一つとなったのは間違いありません。そのため彼女は、女王として、感情を表に出さないことがどれほど重要かを知っています。

Advertisements
Advertisements

あなたは、感情をコントロールできるタイプですか?ケイトにとって、そこに選択肢はありません!彼女が王室に加わってからというもの、人前で泣くことは決して許されないため、彼女は常に落ち着いていなければなりません。しかし、どう考えても私たちには難しすぎます!

ケイトは、人道的な活動や賛辞に参加するときでも、感情を直接表に出すことなく、常に落ち着きを払っています。もし、彼女が結婚式や葬式で突然撮影されたとしても、彼女の頬を伝う涙を捉えることは、決してできないことでしょう。

Advertisements
Advertisements