ケイト・ミドルトンが従うべき規則は、王女の生活が決して簡単ではないことを証明する

サイン禁止

ケンブリッジ公爵夫人ケイト・ミドルトンは、王室に加わった後で名声を博しました。ただし、彼女はファンにサインをすることはできません。王室の規則によると、彼女はエリザベス女王2世によって以前に承認された公式文書にのみ、署名をすることができます。

Advertisements
Advertisements

このルールが存在する理由は、ファンの誰かが王室の一員に代わって文書を偽造する可能性があり、それを未然に防ぐためです。このため、ファンに対しては、写真の撮影と握手のみが許可されています。もし、悪意のある何者かが、ケイトの直筆サインを手にしたとを想像してみてください。王室は、それが間違った人間の手に渡り、悪用されるような危険を冒したくはないのです。治療よりも、予防が大切なのです。

Advertisements
Advertisements