ケイト・ミドルトンが従うべき規則は、王女の生活が決して簡単ではないことを証明する

赤ちゃんの性別は出産まで秘密

ケイトが妊娠したとき、彼女はその赤ちゃんの性別を明かすことができませんでした。なぜなら、それは王女としての役割ではないからです。両親は明らかに、赤ちゃんの性別を認識していたものの、王室内では驚きが絶えることはありません。

Advertisements
Advertisements

英国王室は通常、メンバーの誰かが妊娠しても、その赤ちゃんの性別を一般公表することはありません。

実際に生まれるまで、子供の詳細すべてが最も重要な秘密事項として保たれます。そのため、このルールはメディアの過剰な推測や、賭けの行為を煽っているといっても過言ではないでしょう。また出産は、医師署名の証明書の元で正式に発表されなければならず、赤ちゃんは病院からバッキンガム宮殿まで車で厳密に運ばれ、そして門に掲げられたイーゼルにその写真が飾られます。

Advertisements
Advertisements