ケイト・ミドルトンが従うべき規則は、王女の生活が決して簡単ではないことを証明する

彼女はウィリアムの2歩後ろを歩かなければならない

世界は変わりましたが、王室の伝統的な基準は何ら変わりません。これから紹介するルールは、混乱を招くだけでなく、実に古風であることは確かですが、ケイトは彼女の家族に敬意を表しているため、これに抵抗することは一切ありません。

Advertisements
Advertisements

夫の家族の伝統を尊重するために、ケイトは自らのプライドを捨てました。彼女は公的なデートの際に、夫ウィリアムの2歩後ろを歩かなければなりません。しかし、もし彼女が王家の血を引いていたなら、2歩後ろを振り返ると、そこにはウィリアムがいたことでしょう。エリザベス2世女王と同じように、フィリップ王は常に女王の影にいなければならなかったことを覚えていますか?あなたは、この古風すぎるルールについてどう思いますか?

Advertisements
Advertisements