ケイト・ミドルトンが従うべき規則は、王女の生活が決して簡単ではないことを証明する

シークレットコード

ケイトは、常に女王からの合図に注意を払うことが求められています。エリザベス女王がディナーパーティーから5分後にもう帰りたい場合は、彼女は自分のバッグをテーブルに置きます。そして、女王が一旦食事を終えたら、一緒にテーブルを囲んだ誰もが食べるのをやめなければならないことを忘れないでください!

Advertisements
Advertisements

そんな女王には、誰かと話している事ににうんざりしていることを示すコードもあります。そして彼女はこれを示すために、肩から下げたバッグを片方の腕からもう一方の腕に変えます。

そして女王の秘書官は、死亡に関して、状況の重要性を人々に知らせるため、事前に設定されたルールを開始する責任を負っています。彼は、「ロンドン橋がダウンしました」と述べています。

Advertisements
Advertisements