ケイト・ミドルトンが従うべき規則は、王女の生活が決して簡単ではないことを証明する

花束の役目を果たすマートル

ケイトは、自分の花束がどのように見えるかについて、選択の余地はありませんでした。すべての王室メンバーの花嫁は、結婚の幸運と祝福の象徴であるマートルの枝を持って、式典へと参加します。

Advertisements
Advertisements

この伝統は、かつて新郎の祖母からマートル(ギンバイカ)を贈られた、ヴィクトリア女王から始まりました。アルバート王子の祖母は、マートルの花束をヴィクトリへとに贈りました。夫婦はそれをワイト島の別荘であるオズボーン・ハウスに植え、そこでマートルは大いに育ちました。そして、ケンブリッジ公爵夫人、女王とハリーの母ダイアナ、ウェールズ王女はすべて、ウェディング・ブーケにマートルを持っていました。現在、マートルは王室の庭で育つ木から刈り取られています。

Advertisements
Advertisements