ケイト・ミドルトンが従うべき規則は、王女の生活が決して簡単ではないことを証明する

1722年の王立結婚法

ケイトは、ウィリアム王子の家族の承認なしには結婚できませんでした。英国王室の子孫はすべて、1722年に制定されたロイヤル・ウェディング法に従う必要があります。これは、嘘でもなんでもありません。

Advertisements
Advertisements

公式の文書によると、正式な結婚の提案がもたらされる前に、王室は彼らの承認を与える必要があります。もし、ウィリアム王子とケイトの懇願が受け入れられなかった場合、現在の世界はどうなっていたのでしょうか?しかし、2013年にはこの法律は改正されました。そして現在は、継承者のうち最初の6人のみが、許可を申請する必要があるとされています。

Advertisements
Advertisements