ケイト・ミドルトンが従うべき規則は、王女の生活が決して簡単ではないことを証明する

ディナーにニンニクを使用してはならない

ケイトがディナー・パーティーを計画している場合、彼女は非常に注意深くメニューを選び、常に同じ王室御用達のケータリング会社に依頼することが求められます。マーシャルのオフィスは、ディナーの準備を手伝う責任があります。

Advertisements
Advertisements

また、テーブルにつく人の順番にも考慮する必要があります。通常、座席の配置は、年齢や言語、興味などの要素を考慮して決定されます。

もしあなたがニンニク好きなら、ケイトにあなたを招待するという選択肢はありません。エリザベス女王2世は、ニンニクを嫌っているため、バッキンガム宮殿内で調理される料理には、ニンニクを使用することは一切できません。

良いニュースとしては、王室の外であれば好きなだけニンニクを食べることができるということです。

Advertisements
Advertisements