ケイト・ミドルトンが従うべき規則は、王女の生活が決して簡単ではないことを証明する

鮮明な画像の必要性

すべての王族、特に女性は、いつでも公的にシャープでスマートなイメージを保つことが求められています。これこそが、ケイト・ミドルトンがいつもメイクや服に関しては、決してやり過ぎることのない理由です。

Advertisements
Advertisements

インターネット上で見ることのできる、多くの公爵夫人の写真を思い出してください。大胆な化粧や、明るい口紅をつけたケイトの写真を見たことを覚えていますか?答えは、「いいえ」でしょう。

エリザベス女王2世は、過剰な化粧を認めません。実際、王室では、メイクをやりすぎてはならないというルールがあります。ハーパーズ・バザー・アラビア誌によると、王室のメンバーは、一般的に化粧を避けているようです。

Advertisements
Advertisements