ケイト・ミドルトンが従うべき規則は、王女の生活が決して簡単ではないことを証明する

養われていることが条件

公的なデートで、いつも旅行に出かけているケイトは、世界中の異文化に精通しているに違いありません。そんな彼女は、訪れた場所の歴史と、地元の文化を知るという、一種の責任を負っているのです。

Advertisements
Advertisements

現代では、新しい考え方、伝統からモダンへの変遷、そして世界中の他文化の有益な要素に関心を持たずに生き残れるほど、優れた文化はないと言われています。この絶え間なく変化する世界に存在し続け、他の文化を尊重し続けることは、長い目線で見ても理にかなっていることです。また王室では、誰もが多言語を学ばなければなりません。ジョージ王子は、すでにスペイン語での数の数え方を学んだようです。

Advertisements
Advertisements