ケイト・ミドルトンが従うべき規則は、王女の生活が決して簡単ではないことを証明する

彼女は女王に背を向けてはいけない

ここに、強力なエリザベス2世女王が関与する、もう1つのルールがあります!それは、公爵夫人であるケイトは、文字通り女王に背を向けることはできないというものです。女王は、常に最初に家族のいる場所を離れる必要があり、他のロイヤルファミリーも彼女に従わなければなりません。

Advertisements
Advertisements

このルールは、公爵夫人のケイトにだけに適用されるのではなく、エリザベス女王と面会する機会を得たすべての人に適用されます。そして、女王本人が許可しない限り、彼女との面会中に彼女に背を向けることはできません。その行為は、女王への敬意の欠如を示すと同時に、イギリス全体にとっての敬意の欠如とも見なされます。あなたが女王との会話を終えたら、まず数歩後ろに下がり、頭を下げて彼女に敬礼、その後で去ることができます。過去においては、王に背を向けることは反逆罪とみなされ、死刑に処せられました。

Advertisements
Advertisements