ケイト・ミドルトンが従うべき規則は、王女の生活が決して簡単ではないことを証明する

正しく持つべきティーカップ

イギリスでは、お茶を飲むことは「神聖」な行為です。ただし、お茶の正しい飲み方を知っておく必要があります。もし、あなたがお茶を上手に飲む方法を知っていれば、グリップのくぼみに指を入れないはずです。

Advertisements
Advertisements

切り口は、親指と人差し指、中指の下、最後に小指で押さえます。さらにこれらの指は、他の指から離すことはできません。ケイトは、公共の場で女王を失望させないように、何度かリハーサルをしなければなりませんでした。この伝統はの起源は、18世紀の終わりにまでさかのぼります。王室は最高級の品質のティーカップを取り揃えており、割れることなくカップに熱湯を注ぎます。したがって、これらのカップを買う余裕のない人は、最初に牛乳 (液体) を入れ、次にお湯(お茶)を注ぐことをおすすめします。さて、あなたはまだ王女、または公爵夫人になりたいと思いますか?

Advertisements
Advertisements