ケイト・ミドルトンが従うべき規則は、王女の生活が決して簡単ではないことを証明する

ヒールは履かない

ケイト・ミドルトンには、いくらか反抗的な一面があります。彼女がしてはいけないことの1つに、ヒールのある靴を履くことがありますが。彼女はこのルールを厳格に守ってはいないようです。少なくとも、エリザベス女王の前でそれをするべきではありません。

Advertisements
Advertisements

しかし、ファッショニスタのケイトは、できる限りこのルールを避けようとし、自分の好きな靴を履くための、特別なテクニックを持っているようです。ザ・サン紙は、ケイトが歩くときにその靴が脱げないように、粘着性のパッドが付いたタイツを着用していると指摘しました。そして、長時間かかとを付けて立っていても痛くならないように、ケイトは足の裏側にシリコンパッドが付いたタイツを選んでいるようです。

Advertisements
Advertisements