ケイト・ミドルトンが従うべき規則は、王女の生活が決して簡単ではないことを証明する

ムール貝やカキはなし

王室メンバーとして、ムール貝やカキを食べることは、ケイトにとって絶対に許されません。このような規則が存在するのは、これらの食品は適切に保管されないと、口に入れた時になんらかの健康上の問題が生じるためです。これは、王室のメンバーがリスクを冒すことができないものです。

Advertisements
Advertisements

これらの甲殻類は実に美味しいものですが、それらが差し出されたとしても、ケイトがは決して「イエス」とは言えません。しかしうまく行けば、彼女が正式に王室に加わる前に、最後のシーフードのごちそうをすべて味わっていたかもしれません。それ以前に、彼女はカキが好きではないかもしれないので、彼女にとってのこの規則は破ってはいけない簡単なルールになります。しかし、自分たちで獲った魚介類を味わうことを妨げるものは、何もありません。

Advertisements
Advertisements