ケイト・ミドルトンが従うべき規則は、王女の生活が決して簡単ではないことを証明する

派手なネイルカラーなし

ネイルポリッシュを選ぶずっと前に、あなたはこう考えたことはありますか?ケイト・ミドルトンは、マニキュアの色を選ぶのに苦労しています。なぜなら、彼女の選択肢は最小限だからです。公爵夫人は、決められたカラーパレットを使用する必要があります。

Advertisements
Advertisements

ケイトのマニキュアは通常、ソフトピンク 28 ローズ・ラウンジ (ブルジョワ) と、ヌード 423 アリュール (エッシー) の2つの色合いで構成されています。議定書では、王室メンバーは公式イベントにて、自然な爪を維持する必要があると記載されています。エリザベス女王はその好例で、1989 年からずっと同じネイルの色を使用しています。プリンセスにとって、このルールを変えることができるわけもなく、ネイルは可能な限り自然なままである必要があります。

Advertisements
Advertisements