ハリーとウィリアム王子の妹、ローラの存在を誰も知らない理由

そこにあった秘密

元々は不倫関係から始まったチャールズ皇太子とカミラの関係は、当初人々からの批判が多く、なかなか受け入れられることはありませんでした。それは、人々がダイアナをあまりにも深く慕っていたため、彼女とカミラを比較せざるを得なかったという背景もありました。しかしながら2005年、ハリー王子はマスコミに対し、兄のウィリアム王子と自分は、チャールズ皇太子の再婚により母親となったカミラのことをとても愛していると語りました。このコメントと時間の経過が功を奏し、やがてイギリス国民は、ついにカミラを受け入れ始めました。

Advertisements
Advertisements

ただ、この一連の流れを受けて世間には、ダイアナ妃の突然の死を取り巻いた、膨大な量の推論や理論が存在していました。もしかするとダイアナ妃は誰かの陰謀により殺されてしまったのではないか、そしてその陰謀にカミラが関わっているのではないかと…もちろん、その状況には一切の責任を負っていないにもかかわらず、カミラもこれらの世論に苦しめられていました。

カミラは王室で、より良い生活を始めることができましたが、そこには彼女が王族に持ちこんだあるものがありました。それは世間の目に留まっていなかった重大な何かであり、かつ王族の抱える暗い秘密のようにも見えました…

Advertisements
Advertisements