ハリーとウィリアム王子の妹、ローラの存在を誰も知らない理由

一緒に暮らすのは難しい

かつてダイアナとチャールズ皇太子が結婚したとき、ローラとトムはただの一般の子供でした。しかし、イギリスのマスコミは、早い段階で彼女の母親カミラがチャールズ皇太子の不倫相手であることを知っていたため、彼らは常に彼女を監視し、また密かに追いかけ続けるようになりました。このマスコミの監視が、カミラその子供たちにとってただならぬ苦悩を引き起こしたことは間違いありません。その経験が、ローラの公の場に出ることを避けるという行動につながっていることは言うまでもないでしょう。

Advertisements
Advertisements

この状況は、カミラの子供であるトムとローラも、常にパパラッチの存在に対処しなければならなかったことを意味しており、それは当時まだ子供だった彼らにとっては、実に大変な状況でした。しかしトムは、メディアの視界に入らないように振る舞ったローラよりも、うまく状況を処理していたようです。成長しても表舞台に出るようなキャリアを積んでいきました。しかし妹のローラはこんな兄とは違い、外向的なタイプではありませんでした。彼女が何よりも嫌っていたのは、チャールズ皇太子との母親の関係についてのメディアの描写でした。自分の母親のスキャンダルの話なんて、誰も聞きたくないでしょう。

Advertisements
Advertisements