ハリーとウィリアム王子の妹、ローラの存在を誰も知らない理由

分裂した心

「彼らは、半分は仕事人で、半分はただのいじめっ子であり、幼かった私たちを非常に困らせました。」と、トムは幼い頃のパパラッチとの経験をメールで報告しています。「私がしたかったことは、彼らの顔をぶん殴ってやることだけでした。しかし、そんな行為などに出ることはできませんでした。」そんなことを考えるまで、トムとローラの精神状態は追い込まれており、そしてそれに気づかずに、あるいは気づいていてもなお、世間からの注目を集めるために過度な取材を続けたマスコミの罪は非常に大きいのでした。

Advertisements
Advertisements

トムは、子供の頃に自分が感じたパパラッチへの憤りや、彼らの行き過ぎとも言える行為などについてオープンに語っていますが、一方で妹のローラは、また別の方法を取りました。彼女は兄のようにそのすべてのメディアと共有せず、反対のアプローチを取りました。とにかくしゃべらない、取材にも応じない、それが、彼女自身の幼い頃の経験をもとに、最も精神的負担を減らすための方法だったのでした。ローラの子供時代は、彼女の兄であるトムとは異なり、まるで彼女自身をターゲットとされているかのように、可能な限りその身を隠し続けました。その行為は、現在の彼女の態度にも如実にあらわれています。

Advertisements
Advertisements