ハリーとウィリアム王子の妹、ローラの存在を誰も知らない理由

変化

ハリー王子とメーガン妃は結婚式の後、ケンジントン宮殿に引っ越しました。そこで王族の人間たちは、メーガンに公爵夫人としての教養を与え、その役目を果たす上で必要なすべてのことを教えました。彼らは結局1年間宮殿に滞在し、メーガンは王室でのライフスタイルに徐々に慣れることができました。しかしながら、米国で大女優として圧倒的なキャリアを築いてきた彼女にとって、そのしきたりに縛られたイギリス王室での生活は常に負担を与え続けていたのでしょう。その結果が、王室脱退というものだったのです。

Advertisements
Advertisements

後に、メーガン妃がハリー王子と共に最終的に下した王室脱退という決断は、そんな事はありえないと思っていた王族と大衆の双方に多大なショックを与えました。またそこには、兄弟間の分裂もこの決断の原因となった可能性があるとして、多くの物議が醸し出されました。

同年、メーガン妃とハリー王子が滞在していた場所から歩いてすぐのところに、ケント公爵夫人であるユージェニー王女の住居がありました。そして、彼らの真向かいには、ウィリアムとケイト夫妻が、21部屋のゴージャスなアパートに滞在していました。そんな四方八方が王族に囲まれた生活から抜け出して、メーガン妃とハリー王子は自由の国アメリカで新たな人生をスタートすることにしたのでした。

Advertisements
Advertisements