ハリーとウィリアム王子の妹、ローラの存在を誰も知らない理由

ウィリアムの苦悩

ウィリアム王子は、ハリー王子とメーガンがどれだけ恋に落ちているのかを知り、彼らが後にとろうとしている方向が結婚であることを察知していました。そしてウィリアムは、メーガンとの関係はこれ以上足を踏み入れないようにと、ハリーに忠告することに決めました。それまで圧倒的な信頼関係を築いて、共に成長してきた兄弟であるのだから、きっとその忠告も受け入れてくれるに違いないと、ウィリアム王子はそう思っていたのでしょう。しかし、ハリー王子のメーガン妃への思いは、その時点ですでにウィリアム王子が予想していた以上に大きいものとなっていたのです。

Advertisements
Advertisements

ウィリアム王子は、弟であるハリー王子の関わっているメーガンとの関係は、あまりにも早く進みすぎているのではないかという懸念を表明しようとしていました。彼は結婚を視野に入れた求愛には、より長い時間が必要であると考え、いわば弟のことを思う兄からの親切な兄弟アドバイスのようなものでした。彼は、決してハリー王子を縛りたかったのではなく、愛する弟であるハリー王子のことをただ心配していました。メーガンとの関係にあまりにも早く発展すると、後にひどく後悔する事態になるのではないかと危惧していたのです。彼自身の幸せのために、メーガンとの関係には慎重になることを勧めたのでした。

Advertisements
Advertisements