ハリーとウィリアム王子の妹、ローラの存在を誰も知らない理由

兄弟の忠告に耳を傾けなかったハリー

とあるイギリス王室に関する情報源によると、「ウィリアム王子はハリー王子に対し、メーガンの経歴や、彼女の抱えている意図、そして彼女が実際にどのような存在であるかについて、彼は何も知らないと告げたようです。」とされています。ウィリアム王子はただ敏感で、良かれと思って兄弟に助言したと言われていますが、ハリー王子はこの兄からのアドバイスを上手く受け入れず、その反面憤りを感じていました。好きな女性と結婚することの何がいけないのか、考えれば考えるほど、自分の気持ちを否定されたように感じて、兄への反発を強めていったのでしょう。

Advertisements
Advertisements

私たちの多くは、ウィリアム王子が弟であるハリー王子と関わっている関係について、ただ懸念や意見を述べているだけであることを理解しているでしょう。一般家庭であればほとんどの場合、このような助言は一方的なものであり、最終的に受け入れるも受け入れないも個人の自由です。実際に、この様な事態はこの家族だけに当てはまるのではなく、世界中のすべての兄貴が同じ様な行為に出るでしょう。しかし王室に関しては、義務であることもあります。しかし、当時のウィリアムおうはメーガンのことを良く知らなかったため、非常に短い時間で彼女を判断できるような裁量はなかったはずです。

Advertisements
Advertisements