ハリーとウィリアム王子の妹、ローラの存在を誰も知らない理由

メーガンの正当性

同じ情報源によると、宮殿を支える人々は、ハリー王子とのウィリアム王子のインタビューについて多くを口にしました。「彼らが王室の一員でいることは、それだけで大きな仕事であり、そこにかかる見えない圧力と精査は、実に容赦ない事実を指摘したかったのです。」ウィリアム王子とハリー王子は、生まれながらにして王室という肩書きを背負って成長し、特に長男であるウィリアム王子はその責任について十分に理解していました。だからこそ、ハリー王子がが結婚するかもしれないとなった際にも簡単にはGOサインを出すことができなかったのです。

Advertisements
Advertisements

誰にでも想像できるように、王室の一員であることは、簡単な仕事ではありません、あなたのすべての動きはタブロイド紙によって観察され、分析され、あなたは人間であるにも関わらず、もはや、他の一般人と同じレベルのプライバシーを保つことはできません。そのため、ウィリアム王子がハリー王子に警告することは理にかなっているといえます。

メーガンは、そんなハリー王子にとって正しい人だったのでしょうか?これは誰もが考えたことかもしれません。しかし、少なくともハリー王子はメーガンに関しては確信しており、また王室に加わり脚光を浴びることが、彼女にとっていかに難しくなりうるかも知っていました。その上で、メーガンと結婚する覚悟を決めたのです。

Advertisements
Advertisements