ハリーとウィリアム王子の妹、ローラの存在を誰も知らない理由

メーガンの家族の問題

メーガンに対する英国王室の冷たさの本当の原因については、完全には明らかにはなっていませんが、多くの人々が推測するところによると、このような問題が浮上したのは、メーガンの家族に根本的な原因があるのではないかとしています。メーガンの家族はイギリスではなくアメリカ出身であるという事実だけではなく、その行動や世の中に知られていたバックグラウンドによってネガティブな印象を持っていた人々が少なくはありませんでした。そのような家族を持つ女性をイギリス王室に迎えることに、王室メンバーは疑問を感じたのでした。

Advertisements
Advertisements

メーガンの父、トーマス・マークルと彼の異母姉妹、サマンサ・マークルは、常にマスコミに多くの内容を語っています。彼らのこの態度こそが、メーガンの所属することになるロイヤル・ファミリーの立場や生活をはるかに複雑なものにしていたため、結果として宮殿側も公式にメーガンに同意することに困難を示したのです。また。イギリスの国民も、メーガンの家族に対してポジティブな印象を抱いていません。イギリス人は、王室に関しては非常に保護的であり、彼らは王室に対するメーガンの両親のコメントを忌み嫌っていました。本人の非ではないにも関わらず、メーガン妃はイギリス王室に入ってからというもの苦悩の日々を送っていたのでした。

Advertisements
Advertisements