ハリーとウィリアム王子の妹、ローラの存在を誰も知らない理由

それでも新しい人生を生きる

これらの批判が加熱したときも、ハリー王子とメーガン妃は著しい反撃に出ることはなく、少なくとも聴衆の門前では、彼らを傷つけるようなことは決してしませんでした。彼らのお互いへの深い愛情は、誰にとっても明らかであり、彼ら自身にとってもそれが最も重要なことだったのです。批判に負けず、自分たちの愛を信じて強く新しい人生を生きていく、それがこの二人の覚悟でした。決して簡単なことではありませんでしたが、彼らは彼らの方法で、この厳しい状況と戦っていくことを決めたのでした。

Advertisements
Advertisements

やがて、様々な壁を乗り越えた彼らは結婚し、非常に美しい式典を挙げ、そこに全世界が続いて祝福しました。それはイギリスにとって、非常に特別な出来事でした。メーガン妃は、ウィリアム王子と他の王室メンバーが抱いているかもしれない懸念にもかかわらず、すぐに最も愛される王女になりました。それからメーガン妃は、王室での任務と生活をとても上手にこなしていました。誰からも愛され、愛されていることは、実に素晴らしいことですが、それはすべてが完璧であるという意味ではありません。表向きの華やかさとは裏腹に、家族の中には、いつも緊張が走っていました。そんな状況にも負けずに進んでいくメーガン妃の姿が、また彼女のファンを増やしたのでした。

Advertisements
Advertisements