ハリーとウィリアム王子の妹、ローラの存在を誰も知らない理由

模範的な王女

チャールズ皇太子と結婚していた年月の間、チャールズ皇太子の不倫騒動を含めてさまざまなトラブルにがあったにも関わらず、ダイアナ妃は常に落ち着きながら、英国の王女としての役割をしっかりと果たし続けました。彼女は人民の王女であることを強調し、彼女の役割をいつも非常に真剣に受け止めながら、王室に新しい生命と火花をもたらしました。美しいだけでなく、その行動や仕事ぶりの全てが王女として非常に模範的で、その姿を見て世界中に彼女のファンが増えたことは言うまでもありません。

Advertisements
Advertisements

働き者のダイアナ妃は、特に慈善団体の支援と自らの慈善活動に身を投じ、誰もが案じる世界規模の問題に真っ向から立ち向かった、見習うべきリーダー的存在でした。彼女は恵まれない子供たちの保護、エイズや貧困との戦い、地雷問題、そして癌など、現代社会のかかえる様々な問題の解明や改善に向けて積極的に動き、さまざまな場所に自ら出向いていったのです。そんな立派な彼女は瞬く間に時の人となり、ポップカルチャーにおけるアイコン的存在になりましたが、それは故ウェールズの王女にとって、最も重要な仕事の二の次であったのでした。彼女にとって1番大事なものは何よりも、彼女の子供たちでした。

Advertisements
Advertisements