ハリーとウィリアム王子の妹、ローラの存在を誰も知らない理由

夫婦の崩壊

ダイアナ妃は、ウィリアムとハリーの母親としての役割をおろそかにすることは決してありませんでしたが、一方で夫のチャールズ皇太子との結婚生活は、1990年代半ばまでにはすでに崩壊していました。この時期は、王室自体が危機に瀕しており、最終的にダイアナ妃とチャールズ皇太子は正式に離婚することになりました。世界中の誰もが注目するこのイギリスの皇室という舞台で起きた信じられない事件は、多くのメディアに報道され、この一連の流れが、世間に物議を醸し出したことは言うまでもありません。

Advertisements
Advertisements

ダイアナ妃とチャールズ皇太子の結婚生活は、王室によって全てがアレンジされた結婚であり、実際のところはイギリスのメディアによって提示されたおとぎ話のような素敵なものではなく、彼らの結婚は、正しい基盤の上に構築されたものではなかったということしかできません。

彼らの関係は終わったものの、事後処理はうまく運びませんでした。しかし、その段階においてはまだ、イギリス王室と世界にとって、最悪とも言える事態は訪れてはいませんでした。そこには、その後考えられないような悲劇が降りかかろうとしていたものの、何もそれを予兆するようなものはありませんでした。

Advertisements
Advertisements