ハリーとウィリアム王子の妹、ローラの存在を誰も知らない理由

王女の葬式

ダイアナの葬式は、王族の一員の葬式として公の場で執り行われましたが、それは大衆とダイアナの家族にとっては、恐ろしく困難なものでした。まだ若いダイアナを見送らなければならなかった家族の悲しさは、計り知れないものであったことでしょう。心の痛むような葬式が終了すると、すべての残りの王族は、ダイアナのいない新しい生活をスタートさせるため、再度ゆっくりと動き始めました。この新しい生活が、また大きな波乱を巻き起こすということを、この時はまだ誰も予測していなかったことでしょう。

Advertisements
Advertisements

ダイアナの残された息子たち、ウィリアムとハリーは、悲しみを堪えながら全てのことを同じように続けてために最善を尽くしましたが、困惑して悲しみにくれた聴衆に完全に衝撃を与え、世界の注目を再度王室の長へと向かわせるための行動をしていたのは、彼らの父、そして亡きダイアナの元夫、チャールズ皇太子でした。当時、チャールズ皇太子がある特定の女性、カミラ・パーカーと抱いていたらしい関係についての噂が、世間の間ではびこっていました。世間が悲しみに暮れていた時に、チャールズ皇太子はすでにその気持ちを他の女性との関係によって切り替えようとしていたのでした。

Advertisements
Advertisements