世界で最も美しい、15人のアラブの女性

サルマ・ハエック

1966年にメキシコで生まれた、メキシコレバノンにルーツを持つ女優サルマ・ハエックは、監督兼プロデューサーでもあります。彼女は若くして映画の世界に魅了され、メキシコのテレノベラの世界にまず登場しました。彼女の持つ身体的資産は、どの映画においても彼女のその美しさと魅惑的な資質を際立たせています。

Advertisements
Advertisements

そんな彼女が女優としてのキャリアを積み、成功するためにアメリカに渡ったのは、1991年のことでした。そしてもちろん、彼女には成功するであろう大きな可能性がありました。なぜなら彼女は、有名な監督ロバート・ロドリゲスの作品『デスペラード』のような、大きな注目を浴びることとなった映画への出演の機会を得るからです。

彼女は同作品で、有名な俳優アントニオ・バンデラスと共演しました。彼女の持つ美貌、そして非常にセクシーなスタイルは、彼女をこの最も美しいアラブの女性ランキングに入れるべき大きな理由です。

Advertisements
Advertisements