ジェンダー・クィアとは何か?

社会は私たちに、性別は男性と女性の2つしかないと教えてきました。実際にはもっと複雑で、性別が2つしかないという概念は「性別の二項対立」として知られていますが、性別はそれほど白か黒かではありません。実際、人々は男性、女性、両方の組み合わせ、性別なし、または男性でも女性でもないという性別を認識することができます。なぜなら、性別はスペクトラムとして理解され、固定されたものではないからです。さらに、自分のジェンダーに対する理解は進化していくものです。このような状況の中で、今日、私たちは「クィア・ジェンダー」について語るのが普通なのです。それは何なのでしょうか?

ジェンダー・クィアとはどういう意味か?

自分を男性とも女性とも思わない人の中には、自分をノンバイナリーと考える人がいます。これは、彼らのジェンダー・アイデンティティが、男性か女性かという二項対立の外側に存在することを意味しています。

Advertisements
Advertisements

他のノンバイナリーの人々にとっては、何らかの形で両性具有であることを意味しているかもしれません。また、どちらの性別にも属さない人もいます。それぞれのノンバイナリーは、自分にとっての定義が異なることを理解することが大切です。なお、「ジェンダークィア」という言葉は、「ノンバイナリー」と似ていますが、少し意味が違います。確かに、辞書によると、「ジェンダークィア」という言葉は、従来の性別の区別に同意せず、男性と女性のどちらか、両方、またはその組み合わせにもこだわらない人を指す、または関連する言葉です。このように、ノンバイナリーとgジェンダークィアは、同じ意味で使われることが多いのですが、誰もが同じものと考えているわけではありません。また、ジェンダークィアという言葉は、シスジェンダーではないアイデンティティ、つまりノンバイナリーのアイデンティティをカバーする包括的な用語であると考える人もいます。

ジェンダークィアをサポートする方法は?

ジェンダークィアの人たちは、トランスジェンダーの人たちに比べて、特定の分野でより多くの差別を受けていることが公式の報告書で明らかになっています。そのため、彼らを上手にサポートするためには、上手な接し方を学ぶことが大切です。

ジェンダー・クィアの人たちをサポートし、社会に統合するために、あなたができることはたくさんあります。例えば、自分のボキャブラリーからジェンダー的な言葉を排除することができます。たとえば、誰かの代名詞がわからないときや、グループに向けて話すときは、「Mr」や「Mrs」という言葉を「people」や「friend」、「Mx」に置き換えてみましょう。

ジェンダーの間違いを避け、相手のアイデンティティを肯定するために:

  • 人が自分をどのように認識しているかを推測しないようにする。その人の外見や行動から、その人がどのようなアイデンティティを持っているかわかると考えがちですが、実際には本人に聞いてみないとわからないものです!
  • 怖がらずに聞いてみましょう。特に自信がない場合は、代名詞や、場合によっては自分のアイデンティティについて尋ねることが重要です。公平を期すために、あなた自身についても同じ情報を提供するようにしてください。
  • 本人が許可していない限り、体や病歴についての侵襲的な質問は避けてください。
  • ジェンダー・クィアの友人の代名詞や表現が時とともに変化する可能性に備えておきましょう。ただ、彼らに確認して、その流れに従うようにしてください。

間違いを犯すのはごく普通のことで、誰にでもあることだと認識してください。ですから、間違った代名詞を使ったり、相手への接し方を間違えたりした場合は、すぐに謝って次の行動に移るのが一番です。

Advertisements
Advertisements