メーガン・マークルにまつわる、信じられないような25の驚くべき事実

メーガン・マークルは、2018年5月にハリー王子と結婚したときに、その歴史を築き始めました。彼女は、公爵夫人となった歴代最初の異人種の女性です。このカップルは、2016年以来、メディアの間でセンセーションを巻き起こし続けています。この理由は様々ですが、2人は依然として、未だに多くの新聞のヘッドラインを飾り続けています。結局のところメーガンは、英国王室での生活を心から気にいることはなかったようです。

Advertisements

実際、彼女とハリー王子は、2020年1月に英国王室の職務を辞任することを決定し、一時的にカナダに移住することを発表しました。少なくとも、彼らの間ではそのように計画されました。ここで重要なのは、英国王室のメンバーは、私たち一般の人々が自由を与えられているのとは違い、彼らの王室のポストからは「辞任」することができないようになっているということです。

メーガンが、王室にまつわる多くの義務を回避しているように見える理由を紐解くには、彼女の過去についてきちんと把握することが重要です。彼女のルーツはどこにあるのでしょうか?そして、この若いアメリカ人女性は、どのようにしてイギリスの王子と出会ったのでしょうか?

Advertisements
Advertisements