瞑想について知っておくべき必需事項

現代の多くの人が、瞑想を日常的に取り入れているその理由は、人生に変化を起こす上での重要な習慣の一つだからです。確かに瞑想は、日常における意識の向上と、正確な注意を保つ状態を促進することを目的とした、一連の技術として定義することができます。また瞑想は、心理的な幸福へとつながるように、潜在意識を意図的にシフトさせる行為として説明することもできます。あなたが瞑想の世界に一歩足を踏み入れたいと考えているなら、あなたがまず知る必要があることを、ここにまとめました。

なぜ瞑想をするのか?

リラクゼーションが、すべての瞑想の目標ではないことは明らかです。しかし、それはしばしば結果としてもたらされることは確かです。

Advertisements
Advertisements

仏教哲学では、瞑想の究極の利点は、外部の状況や強い内部の感情など、自らが制御できないものへの執着から、自身の精神を解放することにあるとされています。解放された、または「悟りを開いた」瞑想者は、もはや不必要な欲望や経験に固執することはなく、それでも穏やかな心と内面の調和の感覚を維持することができます。さらに研究者は、瞑想は短期的に次のことを可能にすることを実証しました:

  • 血圧の低下
  • 血液循環の改善
  • 心拍数を低下させ、呼吸の速さを遅める
  • 不安と血中のコルチゾールのレベルの低下
  • より多くの幸福感、より少ないストレス
  • 深いリラクゼーション

現在の研究者たちは、定期的な瞑想の実践が、長期的な利益をもたらしうるのかどうかを、科学的に調査しています。彼らのこれまでの研究では、定期的に瞑想する人々の脳と免疫機能には、多くのプラスの効果があることが判明しています。しかし、瞑想の根本的な目的は、利益を得ることではないことを肝に銘じておく必要があります。東洋の哲学者の言葉を引用すると、瞑想は目的ではなく、単に自分の現在に常に注意を払うという行為なのです。

瞑想する方法は?

日常的な瞑想がもたらす効果、そして多くの人が瞑想する理由が判明いした今、ここに効果的な瞑想を行うための、いくつかの明確なガイドラインを紹介します。

さまざまな瞑想のテクニックに実践する前に、まず知っておくべき基礎について紹介します。

  • 快適な場所に、快適な姿勢で座る、または横になる
  • 軽く目を閉じる
  • 呼吸を制御しようと努力するのではなく、自然な呼吸を心がける
  • 息を吸って吐くたびに、体がどのように反応するかに注意を向ける
  • 呼吸にともなう体の動きを観察する
  • 胸、肩、胸郭、腹部の反応を観察する
  • 呼吸の頻度、また強度を制御することなく、ただ呼吸自体に注意を向ける
  • 雑念が浮かんできたら、意識的に自分の注意を呼吸へと戻す
  • 最初、この瞑想の基本を2〜3分間続けたのち、徐々に延長する

現存する、23個の瞑想テクニックのいずれかを実践したい場合は、これらの基本をまずマスターする必要があることを覚えておいてください。

Advertisements
Advertisements