あなたの家のインテリアを美しくする、最高の観葉植物

数年の間のうちに、観葉植物は自宅を飾る一種の装飾として定着しました。これらの植物は、私たちのリビングルームにカラフルな色、そして自然の雰囲気をもたらしてくれる存在です。各部屋の雰囲気は、そこにある植物に左右されるといっても過言ではありません。この記事では、お部屋の観葉植物を選ぶ上で役立つ、小さなヒントを紹介します。

Advertisements
Advertisements

まず、クロロフィルについて話しましょう。これらを様々な色をした鉢に植えて、窓枠に設置したり、または天井から吊り下げたりすることで、あらゆる部屋の装飾を引き立てることができます。

また、多くの観葉植物は、実に極端な条件でも耐えることができます。その一方で、他の多くの種類はより限定された環境下でのみ長く生き延びることができます。たとえば暗所、逆に日の当たる場所、湿気のない場所や、キッチンなどです。

狭い家に最適なセロペギア属の植物

あなたの家の規模が小さい場合、大ぶりの観葉植物を設置するために、いつでも十分なスペースを確保できるわけではありません。

しかし、すぐに諦めないでください。すべての植物の品種が、地面についた状態で飾られることを好むわけではありません。例えば、セロペギア科に属する植物は、高い場所に設置されることを好みます。つまり、小さな規模の家の大きな味方です。これであなたは、植物の大きな鉢や伸びすぎた枝につまずくリスクはありません。

暗いリビングルームのピレア・ペペロミオイデス

あなたの家に光が不足していて、リビングルームが暗くても、いくつかの観葉植物を育てることは可能です。たとえば、ピレア・ペペロミオイデスはそれを可能にします。

ピレア・ペペロミオイデスは、非常に成長しやすい多肉植物ですが、繁殖するために多くの光を必要としません。それどころか、この植物は過度に露出された環境を好みません。さらに、その茎のカットやお手入れは非常に簡単で、観葉植物の初心者にも最適です。この植物はまた、非常に速く成長します。

キッチンに面したリビングのサボテン

オープンキッチンとダイニングエリアがジョイントしている場合、様々な温度変化に耐える品種を置くと良いです。料理の蒸気はデリケートな植物に害を及ぼす可能性があるので、この場合適切な品種はサボテンです。

サボテンが適切に成長するには、多くの光を必要としますが、逆に低温に耐えることはできません。またサボテンには、汚染除去の効果があると考える人もいるようです。たしかに、サボテンは家電製品に関連する音波の集中、または人体にもたらす悪影響を減少することができるのは、科学的に証明されている事実です。

広いリビングルームのモンステラ

非常にボリュームのあるゴージャスな植物モンステラは、広いリビングルームに飾れば、その植物が持つすべてのオーラを開放することができます。

モンステラは、地面に置くこともできますが、その下に土台を設置して高さを上げれば、より快適な姿を見せます。台座の上では、さらに強固な存在感を放つのです。この熱帯植物は実に卓越しており、メンテナンスをほとんど必要としていません。また、どのようなインテリアにも適応し、適切な屋内環境で育てれば、人間の頭よりも大きく育った葉を見ることができます。

Advertisements
Advertisements