生徒に卑猥な写真を送ったことで刑を言い渡された、元美人コンテストの女王

ラムジー・ベアーズは、ファッションショーから刑務所での生活まで、彼の人生がまっ逆さまになる様を見てきました。まだ若いこの女性は、2014年にミス・ケンタッキーに選出され、2015年にはミス・アメリカに参加しました。同コンテストでトップ12のファイナリストに加わった後、彼女は教職に就きました。

Advertisements
Advertisements

ウェストバージニア州クロスレーンズ大学の教師で、元美人コンテストの女王は、予期せぬ事故を経験することになりました。事実を認めている人の話によれば、彼女は夫のために撮影した彼女の胸の写真を、スナップチャットを介して誤って彼女のクラスの生徒の一人に送ってしまったのです。そして、偶然その写真を受け取ったこの14歳の少年は、もっと他の身体の部分の写真も見たがったため、彼女は彼をなだめようとしたとのことです。

CNNが伝えた情報によると、生徒の両親は合ってはならないこの状況に気づき、当局に警告したとのことです。その後ラムジー・ベアーズは、2018年12月7日に警察によって逮捕されました。裁判官の前で、彼女は自らの過失を認め、その結果のすべての責任を負いました。そして2019年、彼女は「未成年者に対する性的に露骨な様子を描写した資料の所持」についての有罪を認め、懲役2年の刑を言い渡されました。

Advertisements
Advertisements