あなたが知らない、ビーガンになったセレブたち

近年、ビーガン・スタイルは非常に流行しています。そして、このトレンドの動きはしばらく続くようです。マイク・タイソンのようなアスリートから、ピーター・ディンクラゲのような才能ある俳優まで、多くの有名人がすでにビーガンの食生活を取り入れています。

実際、ビーガンとなる理由は多くあります。一部の人々にとって、ビーガニズムは彼らの家系に伝わる文化の一部です。そして他の人々にとっては、食肉処理場の凄惨な光景に単に耐えられなかったか、動物の権利を守りたいという理由によるものでしょう。

中でも、動物虐待に終止符を打とうと呼びかける有名人は多く存在し、彼らも私たちの誰かと同じようにビーガンになりました。

ご存知のように、ビーガンはすべての動物性食品の摂取を行わない食事です。この記事では、5人のビーガンセレブに会ってみましょう。

1.アリアナ・グランデ

才能のある女優兼歌手であるアリアナ・グランデは、現在最も有名なビーガンの有名人の1人です。彼女は2013年にビーガンになりました。当初の彼女は、子供の頃から肉を食べていましたが、動物へ強い愛情を持つ彼女の意思は、彼女をビーガンへと導きました。

Advertisements
アリアンはどのようにしてビーガンになりましたか?
Advertisements

今日、彼女は最も熱心なビーガン・セレブの一人です。彼女はこれまで動物福祉のしごとに多く関わっており、彼女の知名度を持って彼女自身の声を広く届けています。

彼女の心を代弁するような大義を抱える彼女の言葉は、時々衝撃的であることもあります。たとえば、彼女はかつてVマガジンでこう語っています。

「アメリカでは、ほとんどの人がたんぱく質を得るために肉を食べるのだと信じています。たんぱく質、たんぱく質、たんぱく質!そして、彼らはミルクに何が含まれていると思っているか知っていますか?カルシウム、カルシウム、カルシウム。身体の動脈を詰まらせ、心臓発作を促進するのは、これらの肉と牛乳から採れた同じタンパク質なのに、です。」

2.ジェイZとビヨンセ

ジェイZとビヨンセは、双子が生まれた2017年に、ビーガン・セレブのクラブに加わりました。彼らもまた、動物の大義のともに取り組んでいるスターたちです。

彼らの活動の一環として、夫婦はインタラクティブなウェブサイト「グリーンプリント・プロジェクト」を開発しました。

このサイトの目的は、ビーガニズムの利点についてインターネットユーザーに情報を広く提供し、人々を正しい知識のもと教育することです。このプロジェクトは、今後30年間に渡って、ビーガンファンには無料のコンサートチケットを提供するという目的もかねています。彼らの人気と知名度と上手くかけ合わせた、すばらしいプロジェクトだと思いませんか?

3.ブラッド・ピット

ハリウッドで最もホットな俳優が、ビーガンになったことを知っている人はいますか?はい、それは本当です!もともと赤身の肉を嫌っていたブラッドも、またビーガン・セレブの仲間入りを果たしました。さらに彼は、メタンの排出を理由に、牛の繁殖を強く非難しています。

実際、家畜から排出されるメタンは、私たちの住む地球環境に重大な悪影響を及ぼしています。

ゴールデングローブ賞の式典にてブラッドは、同賞にて提供されているビーガンメニューを賞賛し、次のように述べました。

「私はビーガニズムを推奨します。地球に生きていれば、誰もがビーガン食を食べることができるので、それは理にかなっていますが、誰もがステーキを食べることができるわけではありません」。

4.ルイス・ハミルトン

F1世界チャンピオンを6回制覇した伝説的なイギリスのパイロット、ルイス・ハミルトンも、2017年以来ビーガンです。彼はまた、PETAによって2018年のアスリート・オブ・ザ・イヤーにも選ばれました。

ビーガンフードで演奏する

あなたは彼の証言を信じないかもしれませんが、彼は自身の身体能力を改善するために、自らの意思でビーガンへとシフトしたのです。彼は定期的にソーシャルメディアで動物の権利に関する投稿をし、高タンパクのビーガン食の写真を披露しています。さらに、彼は「ニートバーガー」と名付けた、彼自身の経営するビーガンレストランをも設立しました。

Advertisements
Advertisements